たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2013年10月29日

城下町シリーズ?信州の栗 鍋島藩のすりごま 備中のピオーネ

①信州の栗を頂きました 今年 初物です
kuriokowa
栗おこわにしました

『栗は茹でてから その茹で汁のまま一晩置いたほうが美味しい』と
教えて頂いて早速トライ~ほんと甘くなります
産地の知恵も頂きましたicon33
茹でたてもホクホク美味しいですが、
翌日はもっと 時tokeiが美味しくしてくれるんですねmomiji

②電子ブック・松本城の紀行文を見せていただきながら ランチicon28
(先日、ライフバルで打ち合わせ~皆さんの知識の豊富さに
感心してばかりの一日。。。の間のおしゃべりランチ)

スープは豆乳汁
仕上げに食用の菊花と鍋島藩のすりごまを入れたら、
豆乳苦手の方も“ごま”で誤魔化されて?大丈夫でした 
これも頂き物 

いつか行きたい佐賀を想像しながら香りを楽しみました
③飲み物はピオーネのジュースです
ふるさとの備中松山城の町で採れたピオーネです
生が飽きたら、最近はとりあえず冷凍保存 

しばらくいろいろ楽しめます
レモン汁とお砂糖を入れて 
皮のまま電子レンジで3分 


冷めたら簡単に皮が取れます
赤ワインを入れたら 食前酒にも。。。。
三鷹の森のサイダー(トーホーベーカリーで購入)で割ってみました
ホットワインも美味しいかな~icon_wine

日本各地、城下町もいっぱい、昔から美味しいもののい~っぱいface02



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 三鷹情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
にほんブログ村
  


  • Posted by まったさん at 18:47Comments(0)おでかけ

    2013年10月16日

    電子ブック「小さなお皿」10月号 「鯖すし」~お・も・て・な・し~おもてなしの日にいかが?

    いよいよ鯖が旬
    今月号の「小さなお皿」は鯖すし


    ダウンロード先など詳しくは こちら
    https://www.facebook.com/VeryTinyDish

    iBooksアプリでご覧ください
    Facebookにコメント・感想など頂けたら嬉しいです

    お寿司といえば 実家では 岡山寿司
    魚と寿司めしをくるくる巻くなんて~と思っていましたが
    ラップがあればできるんですね
    前日用意できるのも(というか一晩置いた方かいい)嬉しいです
    おもてなしの日にバタバタするのでなく 前日用意できる!
    持ちよりパーティーにもいいかも!
    鯖でなく 鯵なんかでもOK! 
    岡山なら 鰆じゃな~!

    にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 三鷹情報へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
    にほんブログ村

      


  • Posted by まったさん at 12:13Comments(0)

    2013年10月15日

    とこさん に作ってもらった 吟行バック

    今回の吟行のもう一つの楽しみはこのバックicon32


    大好きな色系です、柄も素敵icon_kirakira_y
    頂いた日から 『次回の吟行でおろそう』と取って置きました

    吟行は歩きながら、でも荷物は結構あります
    句帖、歳時記、メモ帳、文房具、そして
    家族よりずっと一緒にいる(笑) 大事な大事なiPadもiPhoneもぴったり!
    とっても便利~!
    吟行専用にしようと思ってましたが、その後たびたび愛用中~face05

    とこさん の心遣いがたっぷり~しっかり入ったバックです 感謝!icon06

      


  • Posted by まったさん at 08:00Comments(4)おでかけ

    2013年10月15日

    欅会 第6回 明治神宮で吟行 影の濃さ、どんぐり、、、

    欅会 今月は、3回目の明治神宮吟行でした

    同じ場所を季節を変えて訪れる面白さが、少しずつ分かってきました

    空の色、高さ、風の感じ、葉の音、どんぐり、金木犀の香、、、
    前とは違う発見は多々あり過ぎて
    『あんな感じも句にしたい、こんな感じも句にしたい』と思うばかりで
    時間切れ~~吟行は難しく大変ですface11

    『木漏れ日を 秋の小川に 置いている』
    『風の中 木の実降る降る 朝参り』
    小川に映る木漏れ日 と どんどん驚くほど落ちるどんぐりを句にしました


    句が出来るように、さりげなく、いろんな題材を先生が指摘くださいます
    たとえばですが、振り返ってじっと何かを見てらしたかと思うと

    N先生「影が違うね 影の濃さが」。。。。もうそこで 唖然ですface08

    日差しがなんとなく秋らしくなったな~と 私なりに思ってましたが 
    そこ~~~~!face08

    同じ景をみたはずなのに。。。
    先生や とこさん の句を読むと本当に勉強になります
    N先生「自分でいいのが出来なくても、他の句を読めば
    ふっと授かる時がある」

    。。。そう授かる日を楽しみに
    N先生「直接悲しいや嬉しいなどの気持ちを入れなくて、
    写生だけでも感情がわかるような句がいい」

    。。。。まずは、そういういい句に触れていくこと、
    どんどん自分なりに作っていくことでしょうか?

    楽しいけど難しい世界です

    続きは次へ  


  • Posted by まったさん at 07:58Comments(2)おでかけ